大地震への備え

東日本大震災において再び意識が高まった防災ですが、新しいマンションの場合には耐震構造になっている場合が少なくありません。
おもな地震対策としては、制振構造や免震構造などがありますが、これらはどのような仕組みになっているのでしょうか。
まずよく聞く耐震構造に関してですが、これは柱や梁、壁などで建物をしっかり固定するという仕組みになっているものです。
弱い地震には強いものの、強い地震の際にはかなり揺れてしまうという特徴もあります。
続いて紹介できるのが制振構造といわれるものですが、これは建物内に設置した制振装置によって揺れをすばやく制御するというもので、地震だけではなく強風による揺れなどにも効果があるとされています。
近年に人気になっているタワーマンションなどの超高層マンションなどによく利用されている構造になっています。
これらに対して基礎部分の免震装置で低減するというのが免震構造といわれるものです。
この構造の場合には、弱い地震のさいにも揺れを少なくすることができるといわれています。
それぞれのマンションにはこれらの構造に加えて耐震等級というものが定められてます。
これは最大3級になっているのですが、1級のものであっても大地震に耐えられる構造になっていますので、新しいマンションであれば、まず倒壊のおそれはないといえるでしょう。
これらにマンションそのものの耐震性に加えて注意できるのが、各部屋などになされた地震対策の工夫です。
例えばドアの枠や丁番が耐震仕様になっており、歪みなどが生じてもドアの開け閉めがしやすくなっているものがあります。
これらの対策がなされていないと、地震の際にドアが開かずに閉じ込められてしまうということにもなりかねません。
さらに地震の際に恐ろしいのが揺れによって倒れてくる家具や家電製品などです。
この点に関しても家具を固定できるよう、壁に下地材を入れていたり、食器棚の扉がロックされる耐震ラッチが標準で付けられている物件が多くなってきているようです。
さらに震災時によく問題になるものとして、水道管やガス管などのライフラインの確保というものもあげられます。
揺れや地盤の歪みなどによって、水道管やガス管などが破裂してしまい使えなくなってしまうということが過去の大地震などではありました。
それで敷地の内外を結ぶ管のつなぎ目に柔軟性のある材料を使うことによって破裂などをふせぐというマンションが増えてきているようです。