管理体制をチェックしよう

一生のなかでも大きな買い物といえるのがマイホームになるのですが、マンションの場合にはどのように管理されていくのかというのは重要なポイントになります。
マンションのなかには管理やアフターサービスがしっかりとなされずに、資産価値がかなり落ちてしまったというケースもあります。
ではこの管理システムを比較するには、どのような点をチェックすることができるのでしょうか。
まずあげられるのが管理員の体制がどのようになっているのかという点です。
管理員というのはそのマンションの窓口業務をするという役割になっているのですが、管理会社がしっかりと研修や教育をしているのかどうかや、管理員が休暇をとるときに別の管理員が派遣されているのかをまず確認しておきたいものです。
さらにマンションの資産価値を左右するものとして、普段からの日常清掃を挙げることもできますが、エントランスや外廊下の清掃、敷地内の植栽の手入れが普段からなされているのかをチェックしてみましょう。
廊下やエントランスホールなど目立つところの清掃はしっかりなされていたとしても、外階段や集会室など普段あまり使わない場所の清掃はなおざりになっているというケースは珍しくありません。
マンションのなかには植栽などがある場合もありますが、それらのせんていや維持などがしっかり計画されているのかどうかもチェックしておきたいポイントです。
またマンションにはエレベーターや消防用設備などがあり、定期的な点検が義務付けられているものもあります。
最低限の点検がなされていることに加えて管理組合への報告や、必要に応じた修繕が行われているのかどうかも知っておくと良いでしょう。
またマンションの場合には大規模修繕といわれる修繕工事を行うことも必要になるのですが、それらの修繕に備えた計画がしっかり立てられているのかどうかも注意しておきたい点になります。
そしてこの修繕工事のためには修繕積み立て金というものも必要になりますので、そのような金額が普段必要になる管理費とは別に積み立てられているのかは重要です。
これらに加えてアフターサービスというのも注意できるポイントになります。
とくに新築マンションの場合には住んでから何年以内であれば無料で修繕を受けられるというようなサービスがあったりしますので、詳細な情報をしっかりと確認しておきましょう。
また住んでいて何らかのトラブルがあったというような際にはどこに連絡をすれば良いのかということもあらかじめ知っておくようにしたいものです。

おすすめ情報