競売物件について

債権者から競売の申し立てを受けたものが競売物件になるのですが、このなかには一戸建てからマンションまでさまざまな種類があります。
この競売物件というのは、通常の中古物件よりもかなり安くなっている場合があり、とにかく安くマイホームを購入したいという場合にはオススメできる物件だといえるでしょう。
しかし競売物件に関してはいくつか注意しなければいけないポイントというものがあります。
まず注意できる点として、事前に物件の内部を確認することができないという点を挙げることができるでしょう。
落札にあたっては、裁判所の用意した「物件明細書」「現況調査報告書」「評価書」を見ることはできるものの、実際にその物件を見ることはできません。
ちなみに調査内容には不備があって、実際の様子との違いがあったという場合でも不動産会社に責任をとってもらうということができなくなっています。
また物件のなかには近隣トラブルがあったり、以前の居住者がまだ住み続けているというケースもあります。
一番厄介なのがこのケースなのですが、場合によっては裁判所に対して強制執行の手続きをして出て行ってもらうようにしなければならない場合もあります。
一般的な相場よりも3割〜5割程度安くなるのが競売物件のメリットになっているのですが、そのような手間やリスクがあるということも肝に銘じておきましょう。
また都内の便利な場所の物件のなかには、ほとんど一般の中古物件と変わらない値段になっているものもありますので、そのような値段がリスクを犯すことに見合うのかどうかも考えておきましょう。
ではこの競売物件を購入しようとする場合にはどのような注意が必要になるのでしょうか。
まず住宅ローンに関してですが、基本的にマンションや一戸建て住宅の場合にはローンを活用することができるようになっています。
しかし「売却基準価額」の2割以上を保証金として振り込まなければならなくなっていますので、その分の金額は十分用意しておくことが求められます。
また金融機関によっては、落札した物件が転売される可能性があるという理由などから融資をしてくれないというケースもあります。
せっかく落札したのに住宅ローンが下りなかったということがないように住宅ローンについては事前に考えておきたいものです。
マイホームの購入にはさまざまな選択肢があるのですが、競売物件の購入を考えているのであれば、このようなメリットやリスクについても考えておくことが重要になります。