これで失敗なし!新築マンション選び 

完成済タイプの魅力

これからマンションを購入しようとしている場合、販売予定物件と完成済マンションのどちらを購入するのかを選ぶことができます。
それぞれにメリットとデメリットがあるのですが、完成済マンションの場合にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
まずあげられるのが、実際に住み心地を見て確かめられるということです。
やはり日当たりの良さなどは、その物件に見学にいかないと分からないものですので、購入してからのミスマッチを防ぐという点では、完成済マンションはメリットが大きいといえるかもしれません。
また部屋の雰囲気、住居内の有効寸法があらかじめ分かるというのもひとつのポイントです。
同じ面積の部屋でも柱による凹凸があるのとないのでは部屋の雰囲気というのはかなりの違いがあります。
また引っ越すにあたって今使っている家具や電化製品を新しい家にも置きたいという場合にも、部屋の雰囲気などがわかっていればイメージしやすいといえるでしょう。
またマンションによっては、駐車場、エントランス、キッズルーム、ゲストルームなどの共有施設やスペースが併設されている場合がありますが、それらの管理状況がどのようなものなのかをチェックできるというのも良い点です。
駐輪場がごちゃごちゃしており、整理されていないようなマンションは管理などもしっかりされていないというケースが多いといわれています。
また完成済マンションでのメリットといえるのが、隣近所の人間関係をあらかじめ選ぶことができるという点になります。
せっかくマンション自体はよくても、隣近所との人間関係で引っ越さなければならなくなるケースというのは珍しくはありません。
しかし完成済マンションであればすでに住民がいる場合も少なくなく、その人達がどのような方なのかをあらかじめチェックすることができますし、住んでいる人たちのマナーなども共有施設などをチェックすることによってある程度知ることができるでしょう。
また隣近所に小さなお子さんがいるような場合には、どうしても騒音の問題などを回避できませんので、静かに暮らしたいというのであれば近所に小さな子どもがいないのかどうかも事前にチェックされると良いでしょう。
そして最後に挙げることができるのが、すぐに住むことができるという点になります。
ローンを活用する際にも契約(入居)時に金利が適用されるので、予定が立てやすいというのもひとつの魅力だといえるでしょう。

おすすめ情報